NARUアレンジセミナー講師や生産性150万サロンコーチングなどいろいろやっているオオカミ社長のブログ

経営者がやっているのに…勝てないよ…

今日はあまり言いたくない秘密を話します。

おもえばアシスタントの時からです。

僕が昔、TOMOTOMOに個人特集された時

とある有名美容師のオーナーから

【なにより練習熱心】


当時は、終電を逃すまでやるなんて日常茶飯事でした。


それも、自分の意志でやってましたね。


僕は基本的にいやらしいタイプで、隠れて努力するタイプなので
自分やってまっせ!アピールはしないほうでした。


【練習なんてしねーよ】とか言ってこっそりやる嫌な奴です。笑


あれから何年か経ち…
それがスタイリストになっても、経営者になっても習慣というものは恐ろしく変わらないんです。


そう



今でも営業後に誰もいない店内に入り
(本当にアホみたいに帰るのが早い、うちのスタッフ…泣)


真っ暗の店内

やります。今でも週3〜4は必ず練習します。
(全盛期は、ほぼ毎日)

こんな事、わざわざ言う事でもないから、誰も知らないと思いますが


いわゆるお店に1番最後まで残るマンです。


僕は、はっきり言って美容師というより、今は会社の経営者と自負してます。


しかし、それでも1週間の中で土日だけは美容師しています。片手間でお客様をやろうなんて考えてないからです。


出来る限り毎日、手を動かす努力はしています。


出れば指名で埋まるオーナー(まあ当たり前なんだけど)が夜な夜な残って練習して


指名が付かないスタッフは誰も残って練習しません。(というか、ほぼ誰1人やってません)営業終了後、飛ぶ鳥を落とす勢いと言いますか…凄まじいスピードで帰っていきます。


どうゆう事なんでしょう



僕は聞きました…努力は裏切らないと


僕は聞きました…頑張っていれば必ず誰かが応援してくれると


恥ずかしい話ですが、もう【活動限界】です。
スタッフ1人頭《生産性120万》と言いましたが


はっきりいって、一部のスタッフの頑張りと自社のアイデアの努力と莫大な費用を使っての新規集客の食いつぶしが現状です。


本当に



これが俺がむかし夢見てた店の在り方だったのだろうか?



ここで働くという事はコンセプトに【共感】し【協働】していくのではないでしょうか?


いつでもシンプルすぎるよ


【出来ている奴はやっている】



【出来ない奴はやってない】



【結果に出てる】【数字に出てる】そろそろわかろうよ。


俺の1番嫌いな言葉は何でしょうか?



「〜やっていきたいと思います」
「〜これから頑張っていきます」


はっきり言って意気込みなんてどうでもいい
(猿でも言える)やった結果を報告するべき。


で?どうなったの?


会社で評価されるのは、はっきり言ってそこしかないんだから。


もっと泥くさい感じでいいのになぁ
カッコ悪くても、仲間と共に泣いて笑って


バカみたいな将来の夢語って…


私は古い人間なのでしょうか…


XELVeの教育のコンセプトは全て【売れる仕事】です。カットも切り方のベーシックを教えるのではなく、
【売れるカット】を教えています。


私はInstagramのフォロワーなど雑誌掲載などからわかると思いますが


【売れる】【ヒットする】という言葉に敏感で、オープン後も集客やリピート率でエリアの中でも各部門、ほぼ全て1位で数々の評価を得て集客サイトからも取材を受ける程になりました。


現実



でも何でしょう…これは一体。


虚しい。























NARU/XELVe

千葉県 浦安市にあるコンプレックス解決サロン《XELVe by Sweet style from TOKYO》 総代表 兼 美容師救済 コンサルタント b-motion 代表 海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占める美容師 naruアレンジInstagramフォロワー数3万人 全国誌の巻頭から渋谷マルイでのセミナー等、外部でも活躍する。 売れる動画のITブランディングも開催

1コメント

  • 1000 / 1000

  • 洋仁

    2016.09.06 07:17

    とても共感致しました。