NARUアレンジセミナー講師や生産性150万サロンコーチングなどいろいろやっているオオカミ社長のブログ

《人とお客様》とでなく《人と人》の話

お客様!お客様!お客様!

お客様!お客様!お客様!

お客様!お客様!お客様!


お客さまぁぁぁぁうわぁぁ



お客様はどちらからいらしたのですか?

お客様は夏休みは何をされてたんですか?







……




確かに、店に来てお金を落として頂く以上、お客様なんですが、


会話をする時って人と人なんです。


そんな【機械的】で【不自然】な会話をどう話したら良いのでしょうか?


あなたが会社の面接などで、ほぼ初めて会うような社長さんや面接担当の方とお話して
終わった後に【ドッと疲れる】といった経験なかったですか?


あれは、面接で話している会話内容は普段の会話から考えると【異常】だからです。


【気を遣わないといけない】【自分を良く見せなければならない】【質問責めの連続】


これらは、面接なので仕方ないですが、これだけ色々聞かれれば当然の如くに、疲れてしまいます。


むしろ、これは会話ですらないので、
異常に【不快感】を覚えてしまうのです。


売れている人の会話は必ずしも、人と人の対話をしています。


例えば、要望で静かに過ごしたいお客様がいます。


確かに要望があれば、会話をしないほうがマストな気がします。


でも、この方って過去にトラウマがあったのではないでしょうか?


無神経な事を言う美容師がいた



同じ事を何回も質問された



会話が業務的で疲れる



性格の温度差はあるでしょうが、
基本、話す事が嫌いな女子ってほとんどいないと思うのですよ!


だから僕はそうゆう方でも話すタイプです。
(別に話したくないって言ってる人に無理やり話す必要はないです)


でも個人的に私は話しますって事


だって話してみたら結構話すし、指名で帰ってくる事が多いですし


何故なら?



【話したくないお客様】として会話をしてないですし


あくまでも【人と人】の対話をしているからです。


お客様に感謝の気持ちは当たり前ですが、


【お客様!】【神様!】ってごますりで機嫌を伺い過ぎの美容師が多い気がします。


だからといって【フレンドリー】が良いとは言いません


礼儀は大事です。


あくまでもフレンドリーではなく


その人の立場を思えば、話さない事が正解でなく、話す事が正解でもない



大事なのは


つまりは【会話】でなく



【対話】をしなさい



会話と対話は違うのだよ。


よく、お客様の反応が悪かったとか
お客様のせいにしている人がいますが、あなたの【人に合わせる力】がまだまだ足りないのだよ


話す事が大事でなく、相手の心を読む事


少し話も疲れてリラックスしたそうな雰囲気の時は察して、空気を感じて静かしにしてあげる。


相手の立場に立つ



これ、出来てない人は訓練が必要だしアシスタントの時に備えておかなければならない【とても大事なスキル】なんだよね


でもよく話をしないアシスタントに
【お客様ともっと会話しろ】って指導するお店ありますが、それはそれで違うんだよね
間違ってるから


無理やり話す事が会話なの?


だから同じ様な無理して話すような会話に
嫌気がさすんじゃないの?


売れている人は相手に合わせるスキルがとにかく凄いんだ。


私はとにかく人見知りする、性格だったので、初めてあった人には


【昔からの大事な知り合い】【そしてこれから先もお付き合いして行く大事な家族】


これを、新規の方のカウンセリングに入る時は常に頭に入れていました。


相手の気持ちがくみ取れない人が多い世の中ですが…


ちなみに


アスペルガー症候群の方は美容師に向くのかはこの場では発言は控えさせて頂きます。


こちら側にもその判断や病気に対しては理解してあげなければなりません。



いいですか?



お客様との会話でなく



人と人の対話をしましょう。





NARU/XELVe

千葉県 浦安市にあるコンプレックス解決サロン《XELVe by Sweet style from TOKYO》 総代表 兼 美容師救済 コンサルタント b-motion 代表 海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占める美容師 naruアレンジInstagramフォロワー数3万人 全国誌の巻頭から渋谷マルイでのセミナー等、外部でも活躍する。 売れる動画のITブランディングも開催

0コメント

  • 1000 / 1000