NARUアレンジセミナー講師や生産性150万サロンコーチングなどいろいろやっているオオカミ社長のブログ

ヘアアレンジってどうしたら上手くなるんですか??

今日はお店でヘアアレンジの講習会をやりました。
スタイルの展示と実践で四つ編みを使ったアレンジから変則ポニーテール等

基礎編を教えさせて頂きました!

私が講師として今日レクチャーしたのは

【コテ&アイロンの使い方】【顔周りのデザイン】【スティックを使ったアレンジ】【SNSやブログ等にあげる時の撮影の仕方】【スタイリング剤の使い方】【毛束の引出し】

この辺りをレクチャーさせて頂きました!

iPhoneのアレンジの撮影方法


やはり、奥の深いアレンジ

出来ているつもりでもヘタにブームに乗って【これは…】大丈夫なのかと
個人的に思う事が多く感じます

もしやるのであれば【出来ない】では済まされない…1人でも上手くなって役に立てれば
と思います。

【どうしたら上手くなるのですか?】という質問に対して【異常者になれ】としか言いようがない。


そこっていつまでたっても、アナログだと思うんですよ。そもそも【上手い】って定義がないでしょ?
ただ、圧倒的に出来ない人の中で出来るとか、周りと比べて目を引くものだから評価される訳で【絶対的な自分】になる事が単純に必要だと思う。

であれば単純に毎日反復してやるべき、既にそれが周りでやっていれば、それを超える回数で学ぶべき


いつやるの?「今でしょ!」ブームがありましたが上手い人は「いつやるの?」って聞く暇あったらもうやってるんです。

とりあえずゴタゴタ言ってないでやる事


理屈を先に求めないで、例えて言うと
ストーカーの様になれって事です。ストーカーってキモいでしょ?
何でもその子の情報を誰よりも知ってて…
毎日つきまとって…

そもそもが【飛び抜ける】って事は
【異常者】なんですよ

やる事に対して異常な程に執着してみなよ。

今求められてる【技術】を習得して【損】はないはず

ブームが終わっても身に付けた事は財産だし、美容師が流行を作っていかないと


【これはやらなくていい】とか【これだけやる】とか、そもそもナンセンスだと僕は思う。

むしろ求められてる事を率先してやるべき

良く見てても、【え?今そこ?】
その前に【それを早急に改善しなよ!】って思う事が多々ある。

どんなに努力して頑張っても、それが求められないなら今すぐに、やってる事を変えるのも手段だと思う

美容師は求められてなんぼの仕事だから。



NARU/XELVe

千葉県 浦安市にあるコンプレックス解決サロン《XELVe by Sweet style from TOKYO》 総代表 兼 美容師救済 コンサルタント b-motion 代表 海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占める美容師 naruアレンジInstagramフォロワー数3万人 全国誌の巻頭から渋谷マルイでのセミナー等、外部でも活躍する。 売れる動画のITブランディングも開催

0コメント

  • 1000 / 1000