NARUアレンジセミナー講師や生産性150万サロンコーチングなどいろいろやっているオオカミ社長のブログ

シザーを人に貸して刃がボロボロで返ってきたら?


メチャクチャなタイトルで始まってみた

どうも我輩が【掃除】ブログの火付け役です。

その後の【美容師給与】ブログも合わせて

シェア50件以上突破してました。

ありがとうございます。

さて今回は


【道具と設備】



タイトルの話に戻ります。

もしあなたがハサミをひとに貸して

刃がボロボロになって返ってきたら

どう思いますか?

じゃあ、あなたが使ってるセット面やイスやワゴン全て

誰のもの?


ドライヤー  コテ   アイロン

あなたのもの?


自分のものだとしても


使ってるモノに対して


汚したり傷つける事は出来ないよ

長年使って大事に使って

それでも出来た傷は

ごめんね


と言ってみよう

そしていつも

ありがとう


と言えますか?

道具は生きています。

貴方が自分が仕事で使う為に

ヘアビューザーを購入しました。

モノを大切に扱わないスタッフが

「ちょっと貸して」と言いました

貸したいですか?

当たり前のように用意されているモノには

全てに誰かの願いが込められている

僕らには道具がなければ何もできません

当たり前の様にある

鏡やイス


美容師が出来る環境

誰に提供されているものですか?

職人さんが一生懸命つくったモノ

職人であるあなたが1番わかるはず

モノには魂が宿ります。

モノにも使われる人をえらぶ

権利


が必ずあるはずです

だから

全てのモノや人に対し

ありがとう


と言える気持ちは

何年たっても忘れたくないですね































NARU/XELVe

千葉県 浦安市にあるコンプレックス解決サロン《XELVe by Sweet style from TOKYO》 総代表 兼 美容師救済 コンサルタント b-motion 代表 海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占める美容師 naruアレンジInstagramフォロワー数3万人 全国誌の巻頭から渋谷マルイでのセミナー等、外部でも活躍する。 売れる動画のITブランディングも開催

0コメント

  • 1000 / 1000