NARUアレンジセミナー講師や生産性150万サロンコーチングなどいろいろやっているオオカミ社長のブログ

美容師は美容以外の事も学ぶべき

ども。美容師以外のお付き合いのが異常なくらい多い異色の美容師の鳴海 幸輝です。
社団法人日本動画制作協会の岡本社長と熱い話になりました。


突然ですが


ジャパネットたかたの高田社長は
なぜ?TVというフィルターを通して
あんなに《モノ》が売れたのか?

声やキャラクター?


高田社長が引退をして
声やキャラクターそれを同じく真似た息子が後任しました

しかし業績は落ちてしまいます。

なぜだと思いますか?



真相はまた後半にて…



さて。話は美容師の話題に

近年、ネット等の普及により
より手軽にセミナー等に参加しスキルを磨いたりする方もたくさんいるでしょうが


それも素晴らしい事ですが…


美容師に圧倒的足りないものとは何でしょうか??

はっきりいいましょう。実は皆さん技術が不安とか色んな要素があるでしょうが
技術は既にあるんです。

問題なのは、その技術を《売るスキル》が
圧倒的にない方が多いです。

提供するのは他でもなくお客様です。
そのお客様にどう、自分の技術をかってもらうかが根本的にわかってない方が多いのも現状です。




例えば2パターンの販売スキルと商品価値があるとします


《CASE1》

売るスキルは、ピカイチなんだけども
売ってる商品そのものがイマイチの営業マン

《CASE2》

持っている技術(商品)はピカイチなんだけども、それをアピールしたりやってもらう
いわゆる(売る)スキルがない美容師


果たして、どちらがカスタマーから買って頂けるでしょうか??



答えは《CASE1》の営業マンなのです。
なぜでしょう?


いきなりこれ、買ってくれ!



とはお客様に言う人はいないでしょう。
そんなヒトがいたらソッコーで門前払いです。

《CASE1》の営業マンはまず、興味や関心を集めるスキルが備わっています。
この人だから買いたいと思わせるスキルを持っています。

《CASE2》は商品(技術)を買って頂ければ
ほとんどが満足していただけるものの
しかし、その前に良さを伝えきれていないわけです。


あくまでも質問は《買って頂く事》で、
支持される事とはまた違いますが



しかし




《人で選ぶ》ほど甘くはなく消費者はどんどんシビアになっているのは現状。



ではなぜ同じセールストークをしても販売数に差が出るのは?


同じ商品を販売しても、売れる人と売れない人がいますね
それでは美容師もなぜ?支持される人と支持されない人がいるかわかりますか?


答えは


《圧倒的ムリをしている》



その"ムリ"が消費者に【ダイレクト】で伝わるのです。
「この人は本当にそう思って言ってるのだろうか?」

あなた自身も「この人ムリしてるなぁ」とか
「うさんくさいなぁ」とか感じた事ありませんか?



正直あなたが思ってる程、お客様はすぐわかります。



では話の冒頭にでた、ジャパネットたかた社長の話に戻ります


なぜ声やキャラクターをマネても売れないのか?


問題はその人らしさが出ているかという事なんです。


本心なのか?



高田社長は自社の商品を実際に使い
自らの実体験を話す事により
TVを通じてそれが消費者のココロをしっかり掴んでいるのです。


《だから売れた》



みなさんは、なぜだめだったのか?なにが反応が良かったのか
《解析データ》をとっていますか?


スキルアップにとても必要なのですが
せっかく良い美容技術を習得したならば
それを《売るスキル》は絶対必要です。


売れなければ習得した意味ないですから



実はみなさん必ず売れるのです。


その財産スキルは実はみなさんはすでに持っています。



《経験》



これに勝るものはありません。
ただその《経験》をどう活かせばいいのか
わかっているようで、わかっていない方がほとんどなのです。


その活用方法を実践すれば
正直《値上げ》も可能です。


私が経験と実績から考案した


《経験解析シート》



これを使い、ちょっとしたコツを教え、売上が急激に伸びたスタッフがいました。



スタッフの人数は変わらずとも
前職の店舗売上を3倍伸ばしました。



そして私自身もカットカラーやパーマも当時の2倍の料金、4万円近いメニュー料金もお支払いして頂く事も少なくありません。


ぶっちゃけ



いきなり技術スキルが上がったかと言われると、そうでもないんです。
(値上げをした事でそれ以上のモノを提供する努力はしていると思いますが)


最近、美容師は値上げすべきという発言がありますが


私は簡単に無責任に言うべきではないと思います。
あなたはいいかもしれませんが、そこに裏付けされた【根拠】はあるのですか?


単価×人数=売上の単純計算だけ見せて
こうゆうのを見てしまうと凄く無責任かつ
とてつもなく中身のない内容だなと思います。


そんな簡単ならみんな成功してるから




いいですか?

《リーズナブル ハイクオリティ》

これに勝るのは現状ムリです。


問題はそれをどう魅せるか?
なのです!



もし値上げ等に踏み込むなら
キチンと根拠のある戦略を立ててやる事です。


私がなぜここまで言うのか?
単なる発言するだけの
ご意見番とかそういった事は
個人的にしたくないですし


発言したからにはそういって悩んでいる人達に責任を持ちたい


最後までしっかりフォローさせてもらいたい
美容業界を本当に価値があり、夢や希望の持てる職業だと後世に伝えていきたいからです。


そしてお客様が1人でも素敵な美容師に出逢える様にしたい!


そんな切実な思いでやらせて頂いております。


次回は

根拠を裏付ける《リーズナブル ハイクオリティ》は絶対支持の話と

《経験解析シート》について詳しくお教え致します。




























NARU/XELVe

千葉県 浦安市にあるコンプレックス解決サロン《XELVe by Sweet style from TOKYO》 総代表 兼 美容師救済 コンサルタント b-motion 代表 海外から国内までクセ毛や多毛のお客様が9割を占める美容師 naruアレンジInstagramフォロワー数3万人 全国誌の巻頭から渋谷マルイでのセミナー等、外部でも活躍する。 売れる動画のITブランディングも開催

0コメント

  • 1000 / 1000